お出かけ 育児

ディズニー夏祭り「燦水!サマービート」に1歳児連れて行ってみた

2018/05/29

先日、ディズニーランドで開催しているディズニー夏祭り「燦水!サマービート」に、

1歳の娘と参戦してきました!

子連れには気になるキッズエリアのことなども情報をゲットしましたので、

詳細を速報でレポートします(^o^)v

 

メインショー「燦水!サマービート」の内容

2017年のディズニー夏祭りは、

メインショーを一新!

和テイストな夏祭りをイメージとした

音楽やコスチューム、ダンスで盛り上がる、

清涼感溢れるショーになっています(^o^)v

 

キャラクターが登場するフロートからは大量の水しぶきがかかり、

夏の暑さを吹き飛ばしてくれますよ♪

 

 

まずは、シンデレラ城前に

ミッキー達がダンサーを引き連れて登場!

ウエスタンランド側からはミッキー達、グーフィー達が。

トゥモローランド側からはドナルド達、

チップ達のフロートがやってきて、

大盛り上がり!

 

パレードルートを時計回りに進みながら、大量に水をまいていきます!

ゲストは当然びしょ濡れ(^_^;)

 

和楽器でダンサブルにアレンジされた、

ミッキーマウスマーチなどのディズニーソングがショーを盛り上げていました!

 

その間、

ミッキーやミニーたちもゲストにホースで水をかけたり、

踊ったり、

イチャイチャしたり…とやりたい放題で、

可愛らしい姿が見れました(^-^)v

最後は、全フロートがトゥーンタウン方面に帰って終了です!

 

 

全体的には、

何か新しいストーリーが加わったわけではなく、

キャラクターたちが楽しく踊って水をかける!

というシンプルな内容になっていました。

 

ディズニーシーでやっている夏祭り「ディズニー・パイレーツ・サマー」よりは、

子供向けだった気がします。

 

去年と何が違う?抽選は?

今までと大きく違うのは、

観賞にベストな席である、

シンデレラ城前の中央観賞エリアの抽選がないことです。

つまり、単純に早くから、長時間並んだ方がいい席でみられるということです。

 

これは、賛否両論あるかもしれませんね(^_^;)

 

連日30℃超えの炎天下の中、

子連れや年配の方が何時間も並ぶのは、

なかなか大変なことかと思います。

日射病や熱中症になるリスクもありますので、

体力に自信のない方は無理はしないでおくことをおすすめします(>_<)

 

しかし、

これでは小さい子供連れはいい席で見れないんじゃないの?

と思うかもしれませんが、

いえいえ、いい場所があるんです(^o^)v

 

それが、キッズエリア(ファミリーエリアというキャストもいました)です。

 

キッズエリアの場所は?誰が入れるの?

キッズエリアは、ディズニーランド城前にありました。

 

といっても、中央観賞席内ではなく、

パレードルートを挟んだ、シンデレラ城の真下部分です。

ちょうど、中央鑑賞席の最前列の真向かいですね(*^-^*)

 

私たちがショーの1時間前に行った時はすでに解放されていて、

すでに中で座ってまっている家族連れの姿が。

 

日によって何時から解放されるのかは変わるようですので、

インパした当日、キャストに聞いてみてくださいね。

 

又、事前にネット情報で「小学生6年生未満の子どもとその家族」

が入れるときいていたのですが、

特に子供の年齢を確認しているようなことはなさそうでした(*´ω`*)

 

小さな子供が1人いれば、その家族はまるごと入れた

ので、良かったです。

 

キャストによると、

大人は座ってみることになるが、

子供は立ってショーが見れるということでした。

満席になることもないです、

とのことだったので、直前まで遊んで、

ショーの20分前くらいになってから

キッズエリアで鑑賞することになりました。

 

キッズエリアで初鑑賞!娘(1歳)の反応は?

結論からいうと、

キッズエリアではほとんどぬれませんでした!

 

(↑直前に行ってもこの近さ!)

 

たま~に霧吹き程度の水しぶきがかかるくらい。

向かい側の中央観賞エリアの、

びしょ濡れのゲストさんたちとの落差がすごかったです(゚Д゚;)

 

ただ、キャラクターのフロートは目の前で長くとまってくれました。

大好きなミッキーの姿をたくさん見られて、

1歳の娘にとってはちょうど良かったみたいです(*^▽^*)

 

裏側から見るような形だったので、

あまりキャラクターはこちらを見てはくれなかったのですが。

子供たちは後ろ姿でも大興奮していましたよ~

 

我が家は、来年もキッズエリアがあればぜひ利用しよう!

ということになりました。

キッズエリア、おすすめです♪

 

あ、ぬれたい方は頑張って並んで

中央鑑賞席から見てくださいね!(*_*;

 

観賞にあたって必要なもの

今回は、初めてキッズエリアでの夏祭りのショーを鑑賞しました。

どの程度ぬれるのか未知数だったのですが、

ぬれてもいいように準備したのが以下のアイテム。

 

ゴミ袋

荷物がぬれないように、家庭用ごみ袋45Lを1枚持参しました。

心配な方はあったほうが安心かと思います。

 

ビニールシート

待ち時間やショーの最中、座っている大人のおしりにひいていました。

キッズエリアの地面に少し傾斜があり、

ショーの後半くらいからは水が流れてきたため、

場所によってシートは結構ぬれちゃいます!ご注意を(;´Д`)

 

ビーチサンダル

靴がぬれるのが嫌な方は準備したほうが安心ですが、

でも、それほど水がかかなかったので、

必要なかったかも(-.-)

 

替えとタオル

ランドホテルに宿泊していたため、

ショーが終わったら服を着替えにホテルに帰ろうと思って用意していましたが、

自然乾燥ですぐに乾いたので必要なかったな~

 

娘用のスイムパンツ

こちらも念のため履かせてショーをみましたが、

必要ありませんでした。

普通のオムツで問題ないですね(*_*;

 

他、注意点

ベビーカーについてですが、

ショーが始まる少し前にシンデレラ城の入り口付近が解放され、

ぬらしたくない方はそこに置いておくよう、

案内がありました。

 

たたまなくても大丈夫でしたし、

ショーの間中おいておけたので楽ちんでした

もちろん、終わった後も全くぬれてなかったです(^_-)-☆

 

又、キッズエリアは中央鑑賞席と違いほとんどぬれなかったのですが、

それでも最前列にいた方のほうが、

奥の方にいた方よりもぬれていましたので、

少しでもぬれたい方は早めに席をとることをおすすめします!

 

 

可愛いキャラクターに興奮する娘の姿と、

涼しげな水しぶきに癒されました~(^^♪

 

これから遊びに行く方は、

水分補給と休憩をこまめにとりつつ、

楽しんでくださね。

娘がハマっているディズニーグッズ

ちなみに、娘がディズニー大好きになったきっかけが、こちら

この、「ディズニーの英語システム」無料サンプルでついてきた、

絵本やお風呂に張るABCポスターです。

 

ママ友の家に遊びに行った時、

たまたまそこの娘ちゃん(2歳)が青い色のことを

「ブルー!」

と叫んでいて、驚愕|д゚)

 

きけば、ディズニーの英語システムの教材で遊ばせておいたら、

いつの間にか覚えていたとのこと。

 

無料で絵本、DVD、CDがもらえて、

今ならお風呂にはる可愛いABCポスターもついてくるのだそうで、

「タダならもらえるものはもらいたい!」と、

早速申し込みました。

 

もちろん、これで話せるようになるなんて到底思っていません(;^ω^)

 

おもちゃの1つとして機能してくれればいいかなぁなんて、

軽い気持ちで使っています。

 

0歳~4歳までのお子様限定で、

ポスターも数に限りがあるようです。

無料サンプルなのに、クオリティも高くて、

おすすめですよ。

 

サンプルの請求は、こちらからどうぞ~(^◇^)↓

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!

 

次回はディズニーシーの方のメインショー

「ディズニー・パイレーツ・サマー」をレポしますので、

お楽しみに!

 

-お出かけ, 育児
-, , , , , , , , , ,